家田荘子の若い頃の顔画像が可愛い?年収や経歴学歴、出身などを調査!

芸能

あの『極道の妻たち』を著書に持つ家田荘子さん。

ヤクザや代議士の妻、歌舞伎町の人、エイズ患者など、あまり実態の知られていない人たちにインタビューをし、その取材を基にノンフィクションの作品を世に送り出してこられました。

実際にその世界に入ることにより、偏見を捨てありのままの姿を私たちに届けてくださっています。

そんな家田荘子さんの経歴、年収など詳細に調べてみました。
そして今回はさらに若い時の家田さんも調べてみました!

家田荘子さんのプロフィール(学歴、経歴)

家田荘子さんは現在年齢差別と闘っているという理由上年齢は公開されていません。

学歴は愛知県立半田高等学校を卒業後、日本大学芸術学部放送学科を卒業し高野山大学大学院 文学研究科密教学専攻 修士課程修了されています。

数えきれないほどの著書をお持ちの家田荘子さん。

ノンフィクション作家になった原点は1982年20代のころ、きっかけは女優出演した作品を売り込みに回っていた時の事。

売り込みの際に雑誌社で『最近何が流行ってんの?』と何気なく聞かれ、家田さんは少女売春や薬物などの話をしたそうです。

Sponsored Links



そこで雑誌者の方から『それ書いてみてよ』といわれたのが作家の原点だそうです。

デビューは1985年『俺の肌に群がった女たち』で当時は風俗の事を書く作家はあまりいなかったようで世間では注目されたそうです。

そして翌1986年に『極道の妻たち』を出版され大ヒット!!

当時家田さんは暴力団幹部に直談判し暴力団幹部の

自宅に約1年8か月住み込み取材をしたそうです。

当時暴力団は全国で抗争真っただ中の時代であり、家田さんは当時取材中どこからピストルの弾が来るかわからない、ダンプカーが突っ込んでくることもあったそうで極度のストレスから胃痙攣と神経性胃炎になり20代でしたが髪の毛も白髪になったそうです。

そんなあまりに過酷な取材を続けた理由は『愛した男がたまたま極道だった』という言葉を取材中に聞き、この言葉を世に出したいという思いが芽生え、それを胸に頑張ったそうです。

1991年30代で『わたしを抱いてそしてキスして』で大宅壮一ノンフィクション賞を受賞。

のちに映画化もされています。

当時の日本ではエイズは握手で移るまで言われており、今では考えられないような偏見が普通でした。

その偏見をどうすれば払拭できるかと考え『わたしがエイズを理解して報道することだ』と考えたそうです。

しかし家田さん自身にも偏見の心があり中々払拭されなかったそうです。

そんな時当時の夫が転勤でアメリカに行く事になり一緒に渡米、エイズ患者の方に取材を行ったそうです。

それを基に『わたしを抱いてそしてキスして』を世に出し、エイズに対する偏見や間違った知識などを無くすことに貢献されました。

その後も数々のヒット作を出し続けてこられました。

ノンフィクションにこだわり、事実を曲げるようなことがある場合は作品にしなかったそうです。

Sponsored Links


家田荘子さんの出身はどこ?

家田荘子さんのご出身は愛知県だそうです。

今はよく東京駅と、その近辺や新大阪駅、岡山駅、小倉、月島商店街、佃、銀座、新橋、梅田、などに出没するそうです。ほかにも八重洲地下街、帝国ホテルなどにも行かれるそうです。

結構神出鬼没ですね。

Sponsored Links


家田荘子さんの年収は?

数々のヒット作を飛ばした家田荘子さん。

現在の年収はというと、調べましたがわかりませんでした。

現在は僧侶をなさっておられるようで、昔からですがお金の為に何かをやる人ではないため年収などにはこだわってなさそうです。

家田荘子さんの若い頃の画像が可愛い?

image-convert_cman_jp_20190422101826..png

昔は女優をこころざし作品にも出演されていた家田荘子さん。

若いときは美しかったようです。

その後身を削る取材生活となったので、髪の毛が抜けたりする時期もあり

かつての見た目の美しさは減少したこともあったかもしれません。

しかし、たくさんの事を世間に教えてくださいました。

Sponsored Links


ネットの声

今でもたくさんの方に読まれているようです。

まとめ

数々のヒット作を飛ばしてきた家田荘子さん。

その裏側には一般の人では考えられないような努力や苦労があったようです。

皆様も何か一つ家田荘子さんの作品に触れてみてはいかがでしょうか、

新しい発見や学びがあるかもしれません。

Sponsored Links