伊藤成紀(競輪ドーピング)薬物検査で陽性反応のメタンジエノンとは?経歴や家族も調査!

ニュース

競輪選手の伊藤成紀さんが
日本アンチ・ドーピング機構の
JADAでの検査で陽性反応を
示し、4年間の資格停止処分を
科せられました。

そこで今回は、
伊藤成紀さんの顔画像と経歴学歴や
家族、薬物検査で陽性反応だった
物質のメタンジエノンについても
調べてみました!

競輪の伊藤成紀選手がドーピングで処分!

8月8日、日本アンチ・ドーピング
機構はドーピングの検査で陽性反応が
出たということで、競輪選手の
伊藤成紀さんに4年間の資格停止処分
を科せました。

発覚したのは、5月に開かれた
全日本プロ選手権自転車競技大会
での検査だったとのことです。

検出された薬物は、
メタンジエノンと呼ばれるものだ
そう。

Sponsored Links



伊藤成紀選手はこの検査結果に
対し、心当たりはないと主張して
いるそうです。

出走履歴をみたところ、
2018年6月30日の
サテライト横浜カップを
最後にその後は欠場している
ようです。

そんな伊藤成紀さんですが、
どのような人物なのでしょう?

調査してみました!!

伊藤成紀選手の経歴学歴(プロフィール)

名前:伊藤 成紀(いとう せいき)
生年月日:1982年7月5日
年齢:36歳(2018年8月9日現在)
出身地:大阪府
血液型:AB型
身長:173.4cm
体重:80kg
職業:競輪選手

伊藤成紀選手は大阪府出身で
現在36歳の競輪選手です。

脚質は、逃でS級2班の
選手だそう!

Sponsored Links



直近4ヶ月の成績を見たところ、
出走回数は21回、1着が5回
2着が4回、3着が1回で
競走得点は107.57のようです。

この競走得点は5月から
右肩上がりとなって
います。

最近調子がいいのはドーピングが
原因なのかと感じてしまいます
よね・・・

高校や大学を調べてみましたが、
学校名は公開されてなさそうでした。

中学時代は野球をしていて、
高校から自転車を始めている
そうです!

小さい頃からスポーツをして
いるからでしょうか?
運動神経は良さそうですね!

好きな食べ物は、
だし巻き卵で嫌いな食べ物が
グリンピースとかす汁だと
いうことです!

また、結婚しているのかや
家族についても調べてみましたが、
残念ながら現段階では
情報がありませんでした。

今後新しい情報が出るのを
待ちましょう。

次に検査で検出された薬物、
メタンジエノンとは
どのようなものなのか、
調査しました!

Sponsored Links


薬物検査のメタンジエノンとは?

メタンジエノンの分類は、
蛋白同化薬です。

この蛋白同化薬とは
ドーピングで俗にステロイドと
呼ばれる物質郡のことです!

メタンジエノンを使用した状態で
筋トレなどをすると、筋肉の増加量
が向上し筋力強化することが
出来ます。

いわゆる、筋肉増強剤というやつ
で、運動能力を向上させて闘争心
をも高めます。

しかし、副作用があることが
わかっていて症状として以下のもの
が挙げられています。

肝臓がん
高血圧
心筋梗塞
性格の変化
血管の閉塞
精巣萎縮(男性)
女性化(男性)
発毛(女性)
声変わり(女性)
男性化(女性)

やはり薬物ということでしょうか?
性格の変化や男性化、女性化など、
普通じゃない症状が起こり
うることがわかりますね。

Sponsored Links



肝臓への影響もあるということです。

大きな有害作用が発生することで
最悪の場合、肝臓がんになる
おそれもあります。

また、アンチ・ドーピンガイドブック
と呼ばれる本にもメタンジエノンに
ついて、禁止物質であることが明確に
書かれているそうです。

そんなメタンジエノンですが、
海外ではサプリメントとし売られて
いる国もあるそう。

当然、日本では薬として
認めてはないので販売はされて
いません。

これってどういうことかというと、
簡単に入手出来てしまう。
ということです・・・

インターネットでも購入したり
することも出来るという情報も
ありました。

次に伊藤成紀選手の顔画像
について調べてみました。

Sponsored Links


伊藤成紀選手の顔画像は?

伊藤成紀選手の顔画像を
調べたところ、見つけることが
出来ました!!

こちらです!!

やはり競輪の選手ということも
あり、体格はよさそうですね。

ネットの声

Sponsored Links


まとめ

今回、メタンジエノンという
薬物を使用した疑いで処分を
受けた伊藤成紀さんですが、
本当だとすると、理由が何か
気になりますね。

今後詳しい情報が出るかも
しれません。

薬物は体に毒なのはいうまでも
ありませんが、絶対に使わないように
しましょう!!

それではまた。